サービスや製品に関するツイートをお知らせするTypetalkボットの作り方(IFTTT利用)

TwitterなどのSNSではサービスや製品に対して、ユーザーがコメントをしていることがよくあります。ユーザーからのアイデアや意見を見逃さないために、Typetalkボットを使ってツイートを監視してみませんか?

Twitterには、サービスの使い方や機能のアップデートに関するコメント、APIを用いてクライアントアプリを開発してみた、というものまで様々なものが呟かれているでしょう。しかし、専任のサポートを設けない限り、これらの貴重な意見を見逃す可能性があります。

そこで本ブログでは、IFTTTを使用して、ユーザーのツイートを自動で監視しTypetalkのトピックに通知するTypetalkボットの作り方をご紹介します。

Typetalkボットの概要

ボットはツイート内容の特定のキーワードを拾って、Typetalkトピックに通知します。ボットは、以下の2つのツールを組み合わせて作ります。

Typetalkボット

Typetalkの任意のトピックで「ボット」を作成すると、API経由で簡単に投稿をさせることができます。

IFTTT

IFTTTはウェブサービスやアプリを簡単に繋げられるサービスです。

  • もし 「ウェブサービスAで○○だったら」
  • そのときは「ウェブサービスBを使って○○する」

上記のように「もし」と「そのときは」をいろいろなウェブサービスを使って設定できます。

ここではこの2つを組み合わせて、「もしTwitterにTypetalk、Backlog、Cacooについてツイートがあったら、そのときはTypetalkに投稿する」を実現してみます。

Typetalkボットのつくり方

Typetalkボットを作成する

まず始めに、投稿したいトピックの設定画面からボットを作成します。この際「topic.post」をチェックしないと投稿できませんので注意してください。

Typetalkボット IFTTTTypetalkボットの作成方法

ボットの作成自体はこれだけで完了です。設定後の画面に表示されている「メッセージの取得と投稿のURL」が後ほど必要になるので控えておきましょう。

Typetalkボット IFTTTメッセージの取得と投稿のURL

IFTTTを設定する

次にIFTTT側を設定します。アカウントをお持ちでない場合はIFTTTでアカウントを作成してログインします。ログイン後のメニューから「New Applet」をクリックします。

Typetalkボット IFTTTIFTTTのログイン後トップ画面

New Appletをクリックすると画面が遷移します。ここで「this」をクリックします。

Typetalkボット IFTTTthis

対応している多くのサービスが表示されます。「twitter」を検索して選択します。

Typetalkボット IFTTTIFTTTのサービス検索画面

ご自身のTwitterアカウントとの連携確認の画面が表示されるので、認証を選択してください。

「New tweet from search」を選択します。

Typetalkボット IFTTTボットが発言するためのトリガーを選択

「Search for」に「Backlog OR Cacoo OR Typetalk exclude:retweets」を入力し、「Create trigger」をクリックします。入力できる検索オプションはTwitterのドキュメントを参照してください。

Typetalkボット IFTTTTwitterの検索キーワードを入力

Create triggerをクリックすると、画面が遷移します。「that」をクリックしましょう。

Typetalkボット IFTTTthat

「webhook」で検索し選択します。

Typetalkボット IFTTTIFTTTのサービス検索画面

次に「Make a web request」を選択します。

Typetalkボット IFTTTWebhookリクエストを行うアクションを選択

Webhookのアクションフィールドに以下の内容を入力し、「Create action」をクリックします。

  • URL:Typetalkボット作成時にコピーした「メッセージの取得と投稿のURL」
  • Method:POST
  • Content Type:application/x-www-form/urlencoded
  • Body:message= {{LinkToTweet}}

Typetalkボット IFTTTWebhookのアクションを有効にするためのフィールドを入力

「Finish」をクリックして完成です!

Typetalkボット IFTTT

結果

特定のキーワードに一致するツイート(この例では、Backlog・Cacoo・Typetalkなど)があった場合にTypetalkのトピックに自動通知されるようになりました。

Typetalkボット IFTTT

Typetalkボットを使えば、SNSサポートの専任を設けなくても、ユーザーからの貴重な意見を見逃さずに拾うことができます。ほぼリアルタイムで自動通知されるため、迅速なカスタマーサポートにつなげることも可能でしょう。

このようにTypetalkボットを使うことで、特定の通知作業を自動化できます。今回の事例を他の目的にも応用して、チームメンバーと色々お試しくださいね。

Typetalkボットの活用事例はこちら

ビジネスのコミュニケーションをもっと楽しく

無料トライアル