RSSの新着通知ができるTypetalkボットの作り方(Zapier利用)

RSSリーダーの中でも特に見逃したくないウェブサイトやブログの更新情報はありますよね。そんなときは、Typetalkボットを使ってお気に入りのウェブサイトやブログの新着情報をTypetalkのトピックに通知しましょう。

本ブログでは、ZapierでTypetalkとブログを連携して、ブログの更新情報をTypetalkボットに通知させる手順をご紹介します。

Typtalkボットの概要

今回はZapierというサービスを使って、RSSを通知したいブログやウェブサイトとTypetalkを連携します。なお、Zapierはコードを1行も書くことなく、数クリックで2つ以上のサービスを連携できるサービスです。メール、チャットツール、RSSフィードなどをブラウザからの設定だけで連携できるツールです。

ボットの作り方

Typetalkボットを作成する

さっそくTypetalkボットを作成しましょう。

まず、RSSを通知したいトピックの設定画面からボットを作成します。ボットがメッセージを投稿するにはAPIスコープのtopic.postが有効になっている必要があるため、チェックが入っているか確認します。

Typetalkボット ZapierTypetalkトピックの設定画面

ボット作成後の画面に表示されている「メッセージの取得と投稿のURL」が後ほど必要になるので控えておきましょう。

Zapier を設定する

次にZapier側を設定します。アカウントをお持ちでない場合は、Zapierでアカウントを作成しログインします。

ログインをするとダッシュボード画面に遷移します。上部のナビゲーションバーに「MAKE A ZAP!」のボタンが表示されているの、こちらをクリックします。

Typetalkボット ZapierZapierログイン後に「MAKE A ZAP!」が表示される

次にトリガーを設定する画面が表示されます。「BUILT-IN APPS」から「RSS」を選択します。

Typetalkボット ZapierZapierトリガーの設定画面1

「New Item in Feed」を選択し、「Save + Continue」をクリックします。

Typetalkボット ZapierZapierトリガーの設定画面2

「Feed URL」にRSSを取得したいサイトのフィードURLを入力し、「Continue」をクリックします。ここでは例としてヌーラボブログのURLを設定しています。

Typetalkボット ZapierFeedに流したいウェブサイトやブログのURLを入力

Feedに流すウェブサイトやブログ設定の確認画面が表示されます。「Fetch & Continue」をクリックしましょう。

Typetalkボット ZapierZapierトリガーの設定画面3

フィードの取得のテストに成功するとこのような画面が表示されるので、「Continue」をクリックします。

Typetalkボット ZapierZapierトリガーの設定画面4

続いてアクションを設定していきます。「Webhooks by Zapier」を選択します。

Typetalkボット ZapierZapierアクションの設定画面1

「POST」を選択し、「Save + Continue」をクリックします。

Typetalkボット ZapierZapierアクションの設定画面2

Zapierのテンプレート内容を設定する画面が表示されるので、各項目に以下の内容を入力し、「Continue」をクリックします。

  • URL
    • Typetalkボット作成時にコピーした「メッセージの取得と投稿のURL」
  • Payload Type
    • form
  • Data
    • message
    • Typetalkにポストしたい内容(例:タイトル、リンクなど)をハンバーガーアイコンから選択

Typetalkボット ZapierZapierアクションの設定画面3

「Send Test To Webhooks by Zapier」をクリックします。

Typetalkボット ZapierZapierのアクション設定画面4

Webhookのテストに成功するとこのような画面が表示されます。最後に「Finish」をクリックしてZapier側の設定は完了です。

Zapierアクションの設定画面5

Typetalkボットがお気に入りのブログやウェブサイトの更新情報をTypetalkのトピックに通知するようになったと思います。他にも、Zapierを使うことでGmailとTypetalkを連携することも可能です。Zapierでお好きなブログやウェブサービスとTypetalkを連携してみてください。

Typetalk API を活用することで、自分の目的にあわせた形でTypetalkボットをカスタマイズできます。RSS以外の他の用途でもぜひ試してみてください。

Typetalk APIの活用事例はこちら

ビジネスのコミュニケーションをもっと楽しく

無料トライアル