Typetalk とクラウド電話システム「 CallConnect 」が連携!顧客の声をチャットで社内に共有しよう

仕様や画面は現行バージョンと異なる可能性があります。
Typetalkの最新版についてはこちらからご確認ください。

「チームの雑談を成果に変える」ビジネスチャットツールの Typetalk とブラウザ電話システム CallConnect が連携可能になりました。

CallConnect とは?

CallConnect (コールコネクト)は、ブラウザ上で電話の受発信や通話履歴の管理、通話録音などが即日可能になる電話システムです。ビジネスフォンの代わりとして使えるのはもちろん、顧客管理機能や分析機能もあるので、サポートデスクの立ち上げやコールセンターシステムとしても最適です。(SUPPORT TIMESより引用)

CallConnectとTypetalkの連携画面。

連携でできること

TypetalkとCallConnectを連携することで、通話のデータやメモをTypetalkに通知できます。顧客とダイレクトに会話をするなかで得た情報を、チャットで共有することで、カスタマーサポート以外の部署のメンバーもリアルタイムに内容を把握できます。

情報共有が円滑になることで、顧客からのフィードバックをサービスの改善により迅速かつ簡単に繋げることも可能です。

なお、CallConnectからTypetalkへ通知される情報は、以下の通りです。

  • 発信元電話番号(顧客名)
  • PCで通話した際にメモした内容(テキスト)
  • 通話録音データのURL
  • CallConnect上に登録されている顧客情報へのURL

(SUPPORT TIMESより引用)

Typetalk と CallConnect の連携方法

連携の手順については、こちらで詳しく説明していただいていますのでご確認ください。

Backlogとも連携をして、Typetalkと使い分けよう!

CallConnect は、Typetalkよりも先にBacklogと連携をしています。プロジェクト管理ツールの Backlog は、CallConnectを用いた電話で生まれた課題の管理や、プロジェクト管理に役立ちます。

Typetalkとの連携は、チャットツールの特性を活かしてより「リアルタイム性」が高くなったと言えます。例えば、カスタマーサポートのAさんが「Backlogに起票する課題」と認識しなかった顧客の声に、サービス改善の大きなヒントがあるかもしれません。Typetalkにその情報が流れることで、開発者のBさんや、バックオフィスのCさんの目に留まる可能性があります。

社内全体で顧客の声を共有することで、顧客の持つ課題を同じ目線で理解し、改善に取り組めます。また、カスタマーサポート以外のメンバーにとっても、自社の提供するサービスがどのように使われているのかを知ることは、モチベーションの向上に繋がるでしょう。

CallConnect についてのお問い合わせ

CallConnect およびTypetalk連携機能へのお問い合わせは、CallConnectのホームページよりお願いいたします。

Typetalkでは、今後も外部のサービスとの連携機能を強化して、積極的にサポートしていきたいと考えています。連携をしたいサービスがございましたら、Typetalkの要望受付窓口、またはお問い合わせフォーム からご連絡ください。また、Typetalk公式Twitterアカウント( @typetalkin_jp )からも気軽にお問い合わせください。