Typetalk iOSアプリで「プッシュ通知から直接返信」「メッセージやURLの共有」ができるようになりました!

TypetalkのiOSモバイルアプリで新たに4つの機能を追加しました!iOSのプッシュ通知から直接メッセージの返信や「♡(いいね)」を送れます。メッセージの本文やトピックのURLの共有にも対応し、メッセージの引用も改善されました。さらに高画質の画像アップロードにも対応。

本記事では使い方と詳細をお届けします!

Typetalkのメッセージの本文やトピックのURLを共有できる

モバイルアプリからTypetalkのメッセージの本文やトピックのURLを簡単に共有できるようになりました。

共有

メッセージやURLのコピーへの対応はもちろん、他のアプリに任意のメッセージを送信することもできます。たとえば、お気に入りのタスク管理アプリへのメッセージ登録や、メモアプリへの保存などに活用できます。

共有できる情報一覧は以下をご確認ください。

  • メッセージの本文
  • メッセージのURL
  • トピックのURL
  • まとめのURL

プッシュ通知からメッセージ返信や「いいね」送信できる

iOSのプッシュ通知から直接メッセージを返信できたり、♡(いいね)を送れるようになりました。

プッシュ通知

使い方は簡単です。自分宛に届いたメッセージの通知を長押し、もしくは左にスライドするとメッセージの入力欄が表示されます。そこにテキストを入力し、紙ヒコーキのアイコンを押すだけで、通知してきた人にメッセージを送信できます。

Typetalkアプリを起動せずにメッセージや「♡」を送ることができるため「ちょっと手が離せないけど一言だけ返信しておきたい」「見たよ!という意味でいいねだけはしておきたい」そんなときにとても便利です。

メッセージを簡単に引用できる

投稿時に相手のメッセージを簡単に引用できるようになりました。

メッセージを引用

メッセージ本文を長押しすると表示される「引用」メニューから利用できます。引用記法の「>」が付いた状態でメッセージの入力が始められるので、何のメッセージに対する返信なのかが分かりやすくなります。

クリップボードから引用として貼り付け

こちらも引用に関するアップデートです。入力エリアに文章を貼り付ける際に「引用して貼り付け」できるようになりました。他のアプリなどからコピーした文章を引用したい場合などに利用できます。

クリップボードから引用

高画質な画像のアップロードに対応

設定に応じて高画質な画像をアップロードできるようになりました。

アプリケーション設定

これまではモバイルでのパケット消費を抑えるため常に圧縮した画像をアップロードしていましたが、カメラで撮った資料の文字が見づらいというご意見を頂いていました。

今回アプリケーション設定にて「常にオリジナル」「Wi-Fiではオリジナル / モバイルデータ通信ではリサイズ」「常にリサイズ」の3つを選択できるようにしました。皆様の利用の仕方に応じて設定をお願いします。


Typetalkチームは、より良いサービスづくりのために引き続き改善を進めていきます。今後ともTypetalkをよろしくおねがいします。ご意見やご不明な点がありましたら、お気軽にサポートやTypetalk公式Twitterに連絡ください。

Typetalkモバイルアプリのダウンロードはこちらから👇

 iOS版アプリ / Android版アプリ