動画やPDFなどTypetalkにアップロードするメディアファイルの表示と容量を大幅に改善しました!

チームのコミュニケーションを活発にするTypetalkは、メッセージのやり取りはもちろん、画像や文書などのメディアファイルの共有にも対応しています。この度、iOSアプリでの動画にも対応し、ファイル容量についても既存容量から10倍ほど拡大しました。

動画や画像などのメディアファイルにも柔軟に対応できるようになった、Typetalkの改善内容をお届けします。

Typetalk iOSアプリで動画ファイルをアップロード

Androidではすでに動画ファイルのアップロードに対応していましたが、今回のリリースからiOSアプリも動画ファイルのアップロードに対応しました!

動画ファイルをアップロードするには、画像ファイルと同様に、メッセージ入力欄にある + アイコンをタップします。

カメラロールの画像一覧にカメラアイコンがついているので、それを選択することで動画をアップロードできます。

有料プランのファイル容量を10倍に

iOSアプリの動画ファイル対応を記念して、ファイルアップロード時の1ファイルあたり100MBの制限を1GBまで拡大させました。これによって最近の機種で撮影した動画も、2分程度であればアップロードができます。

各有料プランのファイル容量についても、既存の容量から10倍に拡大しました。これにより、今まで以上にたくさんの画像、動画などのメディアファイルをアップロードできます。

ファイル容量制限例:

プラン 従来 今後
Standard10 10 GB 100 GB
Standard25 25 GB 250 GB
Standard50 50 GB 500 GB
Standard75 75 GB 750 GB
Standard100 100 GB 1 TB

これを機会に、チームで盛り上がりそうな動画をぜひ共有してみてください。

動画ファイルアップロード時の注意点

Typetalkでは、動画に関する圧縮処理を行なっていません。そのため、長い動画をWifiにつながずにモバイルで鑑賞したり、アップロードしようとするとパケットを大量に消費し、通信速度が制限される可能性があります。

Typetalkに添付したファイルはファイルサイズが記載されるので、大きいサイズのファイルをダウンロードする場合は、記載されているサイズを確認にしてから閲覧することをおすすめします。

そのほかの改善点

Typetalk iOSアプリから添付ファイルを閲覧した場合にインライン表示するようにしました。

主に以下のファイルタイプに対応しています。

  • PDF
  • iWork Documents
  • Microsoft Office Documents (Office ‘97 以降)
  • Rich Text Format (RTF)
  • CSV

今回のTypetalkリリースでは「動画対応とファイル容量の拡大」についてお届けしました。

「Typetalkのここを改善してほしい!」「こういう機能があったら便利なのにな」というご意見がありましたら、お気軽にサポートやTypetalk公式Twitterに連絡くださいね。今日もTypetalkでチームと楽しいコミュニケーションを!