メンション時の表示がIDから「ユーザー名」に切り替え可能に!iOSのダークモード対応と検索対象からボットの除外にも対応

Typetalkでメンションをしたときに表示される「ユニークID」を「ユーザー名」の表示に変更しました!その他「iOSのダークモード対応」と「検索対象からボットを外す」改善などもあわせてお届けします。

メンション時にユーザーIDからユーザー名の表示に変更

ユニークIDは、Typetalkの利用を開始したときに設定するアルファベットの文字列ですが、実名と異なるIDが設定される場合や、普段見慣れていないアルファベット名によって、メンションをみるときに一目でわかりづらい問題がありました。

そこで、TypetalkではユニークIDではなく、ユーザー名を表示して、誰に向けたメッセージか一目で分かりやすくしました。

ユーザー名メンションユーザー名は名前が表示されるため一目でだれか識別しやすい

ユーザーIDからユーザー名への切り替え方

ユーザーIDからユーザー名へ切り替えるには [アプリケーション設定] > [メンションの表示にユニーク ID ではなくユーザー名を使う] にチェックして、設定を保存してください。

モバイルアプリケーションにも表示を反映する予定ですので、いましばらくお待ちください。

検索対象からボットを外せるようにしました

ボットやBacklogなど、Typetalkと連携している外部サービスが投稿するメッセージを検索対象から外せるようにしました。

背景には、ボットや外部連携は同じようなメッセージの投稿や、検索のノイズになることが多いことがあります。今回の変更によって、人と人とのコミュニケーションを検索しやすくなります。

検索対象からボットを外す方法

“投稿者”の検索項目から「ボットを含めない」を有効にすることで、ユーザーが投稿したメッセージのみを対象に検索することができます。

iOSダークモードに対応しました

iOS 13でサポートされたダークモードの設定に対応しました。

ダークモード

OSの表示設定にしたがってTypetalk iOSアプリでもダークモードで表示するようにしました。Android版も対応する予定になっていますので、いましばらくお待ちください。

Typetalkチームは、より良いサービスづくりのために引き続き改善を進めていきます。今後ともTypetalkをよろしくおねがいします。

ご意見やご不明な点がありましたら、お気軽にサポートやTypetalk公式Twitterに連絡くださいね。

チームのためのビジネスチャットツールTypetalk